2017年05月01日

ゴールデンウィーク、渋滞にはまったら何する?

ゴールデンウィークがやってきた。
5月の1日と2日を休みにすれば、9連休になる。
さあ、どこに行く?

車で郊外へ出かけるときは、渋滞を避けるために
私はなるべく早朝に出るようにしている。
それでもやっぱり渋滞にはまってしまうものだ。

そんな時にはどうやって暇をつぶしているだろうか。

一人で乗っているならカーテレビや、ラジオ。音楽を聴く。
単調すぎて眠くなってくるが、がんばってしのぐしかない。

もし、同乗者がいればみんなでゲームってのもいい。

よくやるのが、しりとり。
単純だが、みんなでやるから眠気もおそってこなくなる。
子供も参加できるので楽しい。
しりとりも、いろいろな条件をつけてやれば面白いものだ。

他には、少々計算力がいるが、
車のナンバープレートで遊ぶ。
○○ー○○の4ケタの数字を組み合わせて
+−÷×を使い10にする、という遊び。
頭の体操にもなる。


これは、私が昔、電車に乗る時によくやっていた。
切符に刻印されている4ケタの数字を使って計算するのだ。

今はICカードを利用しているので、切符を買わなくなってしまったが、
応用して、車のナンバープレートでも遊べる。

ハンドルを握ったままで渋滞の気を紛らわすというのも
大変だが、いらいらするよりいいかなと思うのだ。

渋滞にはまるとやっぱりしんどい。
疲れたら車を止めて休憩をとろう。




posted by スカーレット at 08:00| Comment(0) | 車の無駄知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

ナンバープレートの「封印」は住んでる場所で文字が違う

ナンバープレートをよく見ると
なんだかキャップのようなものがついているのに
気がついているだろうか。

ついているのは知っている、という人は多いかも知れない。
これはナンバープレートを固定しているボルトに
キャップが被されているのだが、
ナンバープレートの取り外しや盗難を防止するためにつけられているのだ。
アルミでできている。

fuuin.JPG

キャップには漢字が刻まれている。

ナンバープレートは、運輸支局が発行するので
手続きした場所の運輸支局の刻印が入っている。
東京は、「東」。大阪なら「大」なのだ。

この封印されたキャップを
一度は外してみたい、という衝動にかられてしまう。
もし、移転登録などのナンバープレートの変更するチャンスがあれば
登録手続きをしてから、運輸支局の敷地内で所有者が外すことは可能だが
自分で取り付けはできない。
そして、この封印は、軽自動車にはない。


ナンバープレートの人気ナンバーは「8」
「88−88」という末広がりのハチが4つ並んでいるナンバーは
特に人気だ。
漢字で8を書くと「八」。
すそが広がっていて縁起がいい、とされる。

漢字を使う日本や中国では特に幸運な数字となっている。
だからこそナンバープレートに8をつけたいと思う人も多い。
ナンバープレートは自分で選ぶことができるが、
人気の数字の8や、7、1、が使われる番号は抽選となるが
応募が多数なため、なかなか当たらないようだ。

私のナンバープレートには4ケタの中に2つの7が入っている。
少しでも縁起担ぎのつもりだ。
自分の愛車にはいいナンバーをつけたいものだ。











posted by スカーレット at 08:00| Comment(0) | 車の無駄知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

アメリカの車、日本では使いにくい?

中国の習近平氏国家主席とトランプ大統領の会談が
アメリカで行われた。
北朝鮮がらみの問題もありいろいろ大変そうだ。

問題が山積みだ。
トランプ大統領が就任当時は、アメリカの車を日本に買えと言っていたが
今となってはもう、忙しさで忘れているかも知れない。

アメリカの車は、なぜか日本ではあまり人気がない。

日本の狭い道路には不似合なのか?
世界第3位の広大な土地を持つアメリカなら、
長距離を走るだけのエンジンや、大きなガソリンタンクを備え
さらに、道路も広い、となれば車自体も自然に大きくなる。
大きいのは土地だけではない。
日本人に比べてアメリカ人は体格も大きい。
車内もゆったりと造らないと窮屈だ。
そういうことを考えたらアメリカではすべてが大きいのだ。


でもアメリカの25分の1の面積しかない日本では、
土地が狭ければ道路も狭い。
駐車場も狭い。
一般には不向きだ。



まあ、それはいいとして、
日本で売るなら、日本に合わせたものを
日本向けに造らなければいけないんじゃないかと思うのだ。

外車が好きな日本人はたくさんいると思う。
好みもそれぞれ、アメリカの車が好きという人もいるだろう。
でも、少数派だ。


日本人が日本の車を買うのは
優れた性能と、日本の環境にあった車だからだ。
それぞれの土地に適した車が売れる、それでいいのではないかと思う。

トランプ大統領は関税のことにも触れていたが、
日本はアメリカからの車の輸入については関税はかけていないのだ。
それでも輸入が少ない、ということは、
アメリカの車は日本では人気がない、ということになる。




左ハンドルは嫌いだ σ(^_^;)



posted by スカーレット at 08:00| Comment(0) | 車の無駄知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする