2017年06月21日

宅配便も自動運転車で…「ロボネコヤマト」藤沢市で実験

ネット通販の普及で、宅配便が増え
業界が悲鳴を上げる中、
自動運転で荷物を届ける「ロボネコヤマト」の配達の実験が
神奈川県で行われる。

自動運転で宅配をする、とは一体どのように
なるのか…?

荷物の受け取りは、自宅や、通勤先の駅や会社でも可能になる。
配達時間を指定すれば、到着する3分前に
スマートフォンに自動音声で通知がくる。
外に出て待つとそこに「ロボネコヤマト」の配達車が
到着する、というしくみ。

自動運転なので、もちろん無人だ。
荷物の受け渡しは、自分で宅配車から取り出すことになる。

宅配車が到着すれば、自分で車のドアを開けて
タッチパネルにスマートフォン上のQRコードをかざすと、
車内の保管ボックスが開いて荷物を受け取れる。


今回の実験は、国家戦略特区の神奈川県藤沢市で行われる。
ヤマト運輸とディー・エヌ・エー(DeNA)が協力し、
今問題になっている、宅配便のドライバー不足や、
配達問題を解決すべく、自動運転での宅配便に期待が
寄せられる。



この他には、「買い物代行サービス」があり、
地元商店街の商品をネットで購入すれば、
荷物を自宅へ配送する。

商品は、冷蔵、冷凍で運ばれる。
買い物をした金額により、配送料金が無料になる。


現在の宅配便は、40年前に比べると、1000倍にまで増えている。
ネットショップで購入する人も増えており
ドライバー不足の解消に、
自動運転での配達に期待が寄せられる。


アメリカではドローンを使用した宅配便テストを開始している。
「空の宅配サービス」は複数の会社で競争も激しくなっている。
また、ドローン同士の衝突など、問題も多く、まだ、事業化には至っていない。

自動運転での宅配は、空にせよ、陸にせよ、
まだまだハードルが高い。


日本でもこれに続き、ドローンによる配達が、
国家戦略特区に指定された場所で
実験が行われている。

離島など、船でしか行けない不便な場所にはドローンは最適である。
が、バッテリーの問題などで、走行距離や、荷物の重さが
制限される。

災害時や、緊急時などに、不足する医療品や、多少の物資を
運ぶには大いに期待される。





posted by スカーレット at 07:00| Comment(0) | 車 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

軽自動車でも特別仕様の「白ナンバー」がつけれる

アジア初の2019年ラグビーワールドカップ開催を記念して
国土交通省では絵柄入りのナンバープレートを交付する。



申し込みは2月3日より始まっており
交付は4月3日から。
もう、すでに車に新しいナンバープレートを装着して
走行している車を見かけるかも知れない。



図柄入りのナンバープレートは
1,000円以上の寄付金をすれば、図柄入りを選ぶことができる。
寄付金は大会開費用に充てられる。



軽自動車は、本来黄色いナンバープレートだと決まっているが、
特別にこの白いプレートをつけることができる。

kifu.JPG



そして、事業用の登録自動車のプレートは緑だが、
図柄入りプレートは、白地に緑の縁取りになっている。
いずれも、白のプレートをつけることができる。




ラグビーワールドカップが終われば、
次の絵柄入りプレートに、東京オリンピックが予定されている。

付け替えたいと思ってもラグビーワールドカップの
プレートを返納しなければいけない、と思うところだが、
うれしいことに特別に個人で保存できる。

ただし、使用終了後に、不正防止のために
プレートに穴が開けられてしまうが、
それでも大事に保管することができる。
とてもうれしい配慮だ。

もし、ラグビーワールドカップのナンバープレートを
申請するときに、寄付金をしなかった場合には
左のラグビーボールの絵がなく、ロゴのみになる。

kifukinnasi.JPG



申し込みは窓口か、またはネットでもできる。
「図柄ナンバー申し込みサービス」
https://www.graphic-number.jp/html/GKAA0101.html


希望番号も受け付ける。
4桁以下のアラビア数字(一連指定番号)の
部分のみ自由に選ぶことがでる。
早いもの勝ちなので希望のナンバーが欲しければ
早めに申し込もう。

今、ついているナンバーはそのままで
図柄入りプレートに交換することもできる。(有料)

申し込み期間は
2019年11月29日(金)まで。
値段は地域により違う。
posted by スカーレット at 07:00| Comment(0) | 車 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

欧州で電気自動車販売が加速

ドイツの連邦参議院は2016年9月末、
「2030年までに、ガソリンエンジンやディーゼルエンジンなどの
内燃機関を搭載した新車の販売禁止」を求める決議を採択した。

ノルウェーでは、2025年から
乗用車のガソリン車やディーゼル車の新車登録を禁止する
法制化の動きがある。
オランダでも2025年以降、ガソリン車とディーゼル車の新車販売を
禁じる法案が議会に提出された。

先進国は日本よりさらに先進国になっていく。
環境に配慮した徹底的な政策は
強引ではあるが、地球温暖化に大いに貢献する。

どの国も地球温暖化防止策をと、叫びながらも
適当で中途半端だ。

これからは、ガソリン車のみ、と
きっぱり決めたドイツやオランダは勇気ある決断とも言える。
先に行くものが主導権もにぎりやすい。

日本では、電気自動車を作れる技術が
もうすでに確立しているにも関わらず、
日本では「ハイブリッド車」なる中途半端な車が
エコカーとして販売されている。
確かにガソリンと電気と両方使うことにより
CO2削減にはなっていると思うが、エコと謳うのなら
100%電気で動く車でなければならない。

ガソリン車をやめるのは
原発をやめるのと同じくらい大きな決断力が必要だ。
だが、決めてしまえばもうその方向に進むしかないのだから
一直線に加速していくだろう。


日本は今は、高齢者向けの車を作るのに必死で
自動運転とか、自動ブレーキだとかに力を注いでいる。
それも大事だとは思うが、地球温暖化問題が提唱されてから
もう何年になるのだろう。

欧州の先進国は特に、ずば抜けて先進国だと思うときが
たびたびある。
すごいと思う。

日本で車のオール電化なんて
10年先いや、もっと未来かも知れない。
そういった点で日本は遅れている。
技術の持ち腐れになる。
そうして海外に追い抜かれていくのだ。








posted by スカーレット at 07:00| Comment(0) | 車 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする