2017年04月29日

自動車保険に加入すれば、ロードサービスは無料に

車を所持すれば、必ず加入しなければいけない自動車保険。
義務である自賠責保険の他に、
自分で加入する任意保険がある。

自賠責保険の範囲の補償は人身事故に限られており、
車両や、家屋などを壊したというときには対象外だ。


任意保険は、自賠責保険で足りない分を補填する保険だが
加入したくなければ入らなくてもいい。
しかし、自動車事故はいつ起きるかわからないもの。
保険をかけておけば、いざ、というときに役立つ。




最近の自動車保険は、契約すると、
ありがたいことにロードサービスが無料付帯される。
サービスの内容は各社それぞれだが、
バッテリー上がり、ガス欠、パンク、キーの閉じ込み、
レッカーなど、大体のところは同じだ。
無料で使える範囲が決まっており、それを超える修理であれば
有料になる。

ロードサービスには大きく分けて2つある。
自動車保険に付帯するロードサービスと、
自動車連盟(JAF)が運営しているロードサービス。


大きく違う点は、
自動車保険につくロードサービスは、会費は無料。
サービスの対象は契約車両のみとなり、
他の人の車を運転していれば対象外になる。

JAFの場合は、年会費が4,000円/年支払わなければならないが、
会員であれば他の人の車を運転していても
ロードサービスを受けることができる。
JAFのサービスは会員を対象としているため、
自分の車以外に、友人の車、会社の車や
レンタカーなどでもサービスを受けることができる。
さらには、運転をしていなくても
同乗しているだけでも使えます。

さらにはJAFの会員は、
レジャー施設やホテルなど割引も受けられる。
旅が好きな人であればJAFはおすすめだ。
その他健康サービスもあり、相談にものってもらえる。
長年にわたり会員であれば豪華な食事も抽選で当たったりと
うれしいサービスもある。




ロードサービス、という点においては、
JAFの方は、年間利用回数が無制限だが
保険会社の方は、会社にもよるが回数が定められていて
ガス欠は1回のみ、というところもある。

雪道やぬかるみにはまり抜けられない、という時にも
JAFは対応してくれるので、
雪が多く降る地域ではJAFの会員になっておけば便利かも知れない。

JAFの会員になり、さらに加入した保険会社が
JAFと提携する会社であれば、通常の会員サービスの他に
プラスαの優遇サービスが受けられる。




保険のロードサービスがあれば
JAFに入らなくてもいいかも知れない。
しかし、サービスの内容が異なる。
自分がロードサービスにどれだけのものを求めるのか
よく考えて、ライフスタイルに合ったものを選ぼう。






posted by スカーレット at 06:00| Comment(0) | 車の保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。