2017年06月29日

ブレーキの落とし穴、長い下り坂では、「エンジンブレーキ」も使おう

山道など、長い下りの坂を運転するときは、
どうしても車が加速しやすく、
しかも、山道ではカーブも多いので見通しも悪く、
何度もブレーキを踏んでしまう。


長い下り坂であまり、ブレーキを踏み続けると
ブレーキが効かなくなってしまう可能性があるのだ。

ブレーキを踏みすぎるとブレーキ内部が過熱する。
過熱すると、ブレーキパッドの摩擦係数が下がり、
制動力が一気に低下してしまう。

このことを「フェード現象」といい、
さらに、ブレーキ液が沸騰し、油圧が伝わらなくなることを
「ペーパーロック現象」という。
この状態ではブレーキペダルを踏んでも
ブレーキは完全に効かない。


このような状態になってしまったら最悪だ。
車をうまく山肌にこすりつけて止まればいいが、
下手すれば、車は谷底に転落してしまうだろう。


このような状態になるのを防ぐには
「エンジンブレーキ」を併用することが大切だ。



エンジンブレーキとは、
エンジンの回転を利用したブレーキのことで
シフトダウンすればエンジンの抵抗により回転数が落ちて、
スピードも自然に減速する。
これを併用すればブレーキを踏む回数がかなり減らせる。


エンジンブレーキをかけるには
ギアを「2」セカンドか、「L」ローにシフトダウンすれば
自動でかかる。

「2」より、「L」の方が、より強力にエンジンブレーキが効くので、
長い下り坂では坂道の傾斜によって
使い分けるといい。




マニュアル車に乗っている人はギアには詳しいだろうが、
最近の車は、AT車(オートマチック車)が主流だ。

AT車は、ギアがD(ドライブ)に入っていれば簡単に車は動く。
Dにギアを入れておけば、車が道路状況により自動的にギアを選び、
最適なギアで走行できるようになっているのだが、

山道など、急な長い下り坂が続く続く場合には
自分で適切なギアにチェンジする必要がある。


安定したスピードを保つにはブレーキが必要だが、
フットブレーキだけを使わないで
エンジンブレーキも併用して使おう。





posted by スカーレット at 08:00| Comment(0) | 車の知っておきたいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: