2017年06月23日

宅配人材不足、「輸送にも”売り切れ”がある」

「ヤマト運輸が、Amazon当日配送から撤退へ」、

これが報道されて驚いた。が、


これは、ヤマト運輸の正式な発表ではなく、
日経の憶測報道だそうだ。
あまりにも世間にお騒がせな先取り報道だが、
ヤマト内部ではアマゾンの当日配送から撤退する可能性は
十分にあるようだ。


あまりにも過剰すぎるアマゾン当日配送のサービス。
食料品などは、早く届いてありがたいものだが、
すべての商品が、これほど急いで届けなければ
いけないものなのかどうかは疑問に思う。

これにはどうやら、当日配達を目指す
アマゾンの戦略があるようだ。

その一つ目は、「在庫の回転率を高める」。

アマゾンの物流センターにある商品の
出入りを早くする。
倉庫から商品が出ればそれは、売上になる。
商品が出れば、また新たに入荷する、
回転を速くするためには、当日配達が好ましい、ということになる。
早く回転させると売り上げも伸びる。

2つ目は、「キャンセルされないようにする」
早々に物流センターから出荷してしまえば、
キャンセルのしようがない。

やっぱり、やめようと思っても、
「出荷しました」と言われればあきらめてしまうだろう。


ヤマトを苦しませる当日配達は
こうしたアマゾンの戦略が隠されていたのだ。

とりわけ急がない商品を注文して、
届くのは1週間後でもいいのだが、
当日お届けになっていれば、まあ、いいか、と思うだけで、
配達のドライバーさんが大変だ、という意識は我々には
ない。
早く届けば、まあ、うれしいだけだ。

しかし、ネット販売に人気が出る一方で、
見えないところで、労働力の限界がきている、
ということには我々は気づかない。

運送業を希望する就労数も激減しているそうだ。


それが、「輸送にも”売り切れ”がある」ということだ。
過労死が問題になる中、働き方改革が議論されている。

「ヤマト運輸が、Amazon当日配送から撤退へ」、
と、言われれば、我々にしては
仕方がないか、と思うだけだ。


報道は偽だったが、(将来実行されるかも知れないが…)
「モノ」がすぐに届かなくなるかも知れない、ということで、
自分にふりかかる問題として、
労働力には限界があるのだということ。


再配達の多さも問題になっている。

各地で、宅配ボックスの設置が進められているが
それよりか、今後、再配達が「有料」になれば、
再配達問題も
解消されるかも知れない。
お金を追加して出すのはやっぱり嫌だから。


悲鳴を上げれば、それを助けようと、
世の中がいい方向に改善できるよう協力していけるものだ、
と、私は思う。



posted by スカーレット at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: