2017年06月09日

欧州で電気自動車販売が加速

ドイツの連邦参議院は2016年9月末、
「2030年までに、ガソリンエンジンやディーゼルエンジンなどの
内燃機関を搭載した新車の販売禁止」を求める決議を採択した。

ノルウェーでは、2025年から
乗用車のガソリン車やディーゼル車の新車登録を禁止する
法制化の動きがある。
オランダでも2025年以降、ガソリン車とディーゼル車の新車販売を
禁じる法案が議会に提出された。

先進国は日本よりさらに先進国になっていく。
環境に配慮した徹底的な政策は
強引ではあるが、地球温暖化に大いに貢献する。

どの国も地球温暖化防止策をと、叫びながらも
適当で中途半端だ。

これからは、ガソリン車のみ、と
きっぱり決めたドイツやオランダは勇気ある決断とも言える。
先に行くものが主導権もにぎりやすい。

日本では、電気自動車を作れる技術が
もうすでに確立しているにも関わらず、
日本では「ハイブリッド車」なる中途半端な車が
エコカーとして販売されている。
確かにガソリンと電気と両方使うことにより
CO2削減にはなっていると思うが、エコと謳うのなら
100%電気で動く車でなければならない。

ガソリン車をやめるのは
原発をやめるのと同じくらい大きな決断力が必要だ。
だが、決めてしまえばもうその方向に進むしかないのだから
一直線に加速していくだろう。


日本は今は、高齢者向けの車を作るのに必死で
自動運転とか、自動ブレーキだとかに力を注いでいる。
それも大事だとは思うが、地球温暖化問題が提唱されてから
もう何年になるのだろう。

欧州の先進国は特に、ずば抜けて先進国だと思うときが
たびたびある。
すごいと思う。

日本で車のオール電化なんて
10年先いや、もっと未来かも知れない。
そういった点で日本は遅れている。
技術の持ち腐れになる。
そうして海外に追い抜かれていくのだ。








posted by スカーレット at 07:00| Comment(0) | 車 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。