2017年05月13日

タイヤの空気圧、たまには点検しよう

最近のガソリンスタンドはセルフが多くなって、
逆に以前のように店員さんがサービスするところは
めっきり少なくなった。

店員さんのいるガソリンスタンドでは
ガソリンを入れている間に、ガラスを拭いてくれたり
車の気になるところを聞いてきてくれて
何かとサービスをしてくれる。

たまに、タイヤの空気圧はどうですか? 計りましょうか?
と言ってきてくれる。


タイヤの空気圧は車によって違う。

はいているタイヤが違うからだ。

自分の車の空気圧を知るには、
ドアを開けると、その付近にシールがあってあるので見てみよう。
そこに適正な空気圧が書いてある。
車種によっては別のところに表示されているのもあるので
調べてみよう。
それでも分からなければオーナーズマニュアルを見てみよう。
中古で買ってそれが無ければ
タイヤ専門店で聞くのがよい。

タイヤの空気圧を計るのは自分でもできるが
やはり、専門家にやってもらうのが安心だ。
空気は多少自然に抜けていくものだが
何となく減りが早いかなと疑うのであれば、
どこかに空気漏れがあるかもしれないので、タイヤ販売店で点検してもらおう。
タイヤのバルブの劣化や、タイヤとホイールの相性が悪い場合も
考えられる。



あと、たまにガソリンスタンドで、
「タイヤがツルツルですね、ぼちぼち交換した方が良いですよ」、
とアドバイスを受けたりすることもあるだろう。

自分ではあまり気づきにくいところだが、
タイヤの溝は新品と比べると
かなりすり減って溝がわずかになっていることがある。
そのような状態で走り続けるとパンクする恐れがあるので
できるだけ早くタイヤを交換しよう。

もう少し走れるからとケチって走行していると
忘れたころにパンクするものだ。
危ないので早めの交換をおすすめする。

セルフのガソリンスタンドは格安だが、
サービス付きのガソリンスタンドにも行くと良いことがある。
素人が見落としがちなことを色々とアドバイスしてくれる。
行きつけのディーラーもあるだろうが
それほどしょっちゅうは行かないものだ。
来てくれればうれしいが、
セルフのガソリンスタンドは安くていいが、
たまには有人のところに行くと
いいかも知れない。





posted by スカーレット at 07:00| Comment(0) | 車の知っておきたいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: