2017年04月23日

バックカメラは必要?

新車を買う時迷うもの。
バックカメラをつけるかどうか。

車がバックをするときって、よく考えると駐車場が一番多いだろう。
あと、道を間違えたとき。


よくある事故が、自宅で車を駐車する時に、我が子をひいてしまった、とか、
ショッピングの駐車場でひかれたりと、
とても痛ましい。

自宅の駐車場で…不安と思う人は
小さい子供がいる家庭では後方確認のためにつけておけばより安心だ。
死角に隠れて見えなくても、カメラで後方をモニターで確認することができる。
つけていても損はないと思うし、値段もそれほど高くない。
たとえば、バックが不得意な人でもカメラで後方が見えれば駐車しやすいだろう。


運転者だけが注意すれば、カメラをつければ
そのような事故は防げるのだろうかといえば
決してそうではなく
駐車場で子どもから目を離す親にも注意が必要だ。
いくら運転者が気を付けていても、駐車場の車の陰からすっと出てきても
小さな子供だったらドアミラーにも写らない可能性もある。
大切な命を守るために、駐車場では
必ず子供の手を引いて歩いてほしいと思うのだ。

運転者と、歩行者が互いに安全を確認しながら進む。
これが一番事故を防げる方法だと思う。

もともとバックカメラを備え付けた車もあるが、なければ後付もできる。
カメラは3千円〜1万円ぐらい。
取り付け加工など工賃が多少はかかる。
近くのショップで相談しよう。




posted by スカーレット at 07:00| Comment(0) | 車の知っておきたいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: