2017年04月13日

アメリカの車、日本では使いにくい?

中国の習近平氏国家主席とトランプ大統領の会談が
アメリカで行われた。
北朝鮮がらみの問題もありいろいろ大変そうだ。

問題が山積みだ。
トランプ大統領が就任当時は、アメリカの車を日本に買えと言っていたが
今となってはもう、忙しさで忘れているかも知れない。

アメリカの車は、なぜか日本ではあまり人気がない。

日本の狭い道路には不似合なのか?
世界第3位の広大な土地を持つアメリカなら、
長距離を走るだけのエンジンや、大きなガソリンタンクを備え
さらに、道路も広い、となれば車自体も自然に大きくなる。
大きいのは土地だけではない。
日本人に比べてアメリカ人は体格も大きい。
車内もゆったりと造らないと窮屈だ。
そういうことを考えたらアメリカではすべてが大きいのだ。


でもアメリカの25分の1の面積しかない日本では、
土地が狭ければ道路も狭い。
駐車場も狭い。
一般には不向きだ。



まあ、それはいいとして、
日本で売るなら、日本に合わせたものを
日本向けに造らなければいけないんじゃないかと思うのだ。

外車が好きな日本人はたくさんいると思う。
好みもそれぞれ、アメリカの車が好きという人もいるだろう。
でも、少数派だ。


日本人が日本の車を買うのは
優れた性能と、日本の環境にあった車だからだ。
それぞれの土地に適した車が売れる、それでいいのではないかと思う。

トランプ大統領は関税のことにも触れていたが、
日本はアメリカからの車の輸入については関税はかけていないのだ。
それでも輸入が少ない、ということは、
アメリカの車は日本では人気がない、ということになる。




左ハンドルは嫌いだ σ(^_^;)





posted by スカーレット at 08:00| Comment(0) | 車の無駄知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。