2017年04月07日

車間距離、あけてますか?

車間距離

運転者によって空ける距離がさまざまである。

私はどちらかといえば、まあまあ距離を開けるタイプだ。
よくあるのが、後ろをぴったりと車間を開けずにくっついてくる車。
車間距離はほんのわずか。
私が急ブレーキを踏めば、追突は絶対に免れないくらいの距離だ。

そうあせって走らなくてもいいだろう、と思うのだが。



車間距離は、車が安全に止まれる「停止距離」と同じくらいの距離。

もし、道路を走行中に前の車が急ブレーキを踏んだ、と想定して、
後ろにいるあなたの車は、追突せずに安全に止まれるか、ということだ。

tuitotu.JPG

ブレーキを踏んで、完全に止まるまでに
走る速度に応じて「停止距離」が必要だ。
速度が遅いほど短く、
速く走る高速道路では、走行速度と同じくらいの距離が必要とされる。

高速を走っていても、
後続の車はすぐ後ろに見え、ぴったりくっついてくる。
100mの車間を開けていたら、もっと後ろだろう、と言いたくなる。

遅く走っているわけではないが、私が車間距離を保って走っていると、
車線変更の車がどんどん前に入ってくることだ。
入れば車間を開ける、入れば車間を開ける、の繰り返しだ。
入ってくるのは構わないが、入るたびにまた車間を開けなければいけない。
要は、他の車の前後は車間距離が短く車線変更がしにくいため、
前が空いている私の車に入ってくるのだ。




高速道路では、「車間距離確認」をするために距離が書かれている区間がある。
それを見ているとやはり100mは結構長い。
みんなが距離を開けていれば、高速道路の玉突き事故は減るだろう。

雨が降って路面がぬれている時、重い荷物を車に乗せている時には
特に停止距離は長くなる、ということも忘れてはいけない。

ちょっとのことで命が救われることがある。
安全のために車間距離を心がけよう。







posted by スカーレット at 08:00| Comment(0) | 車の知っておきたいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。