2017年04月29日

自動車保険に加入すれば、ロードサービスは無料に

車を所持すれば、必ず加入しなければいけない自動車保険。
義務である自賠責保険の他に、
自分で加入する任意保険がある。

自賠責保険の範囲の補償は人身事故に限られており、
車両や、家屋などを壊したというときには対象外だ。


任意保険は、自賠責保険で足りない分を補填する保険だが
加入したくなければ入らなくてもいい。
しかし、自動車事故はいつ起きるかわからないもの。
保険をかけておけば、いざ、というときに役立つ。




最近の自動車保険は、契約すると、
ありがたいことにロードサービスが無料付帯される。
サービスの内容は各社それぞれだが、
バッテリー上がり、ガス欠、パンク、キーの閉じ込み、
レッカーなど、大体のところは同じだ。
無料で使える範囲が決まっており、それを超える修理であれば
有料になる。

ロードサービスには大きく分けて2つある。
自動車保険に付帯するロードサービスと、
自動車連盟(JAF)が運営しているロードサービス。


大きく違う点は、
自動車保険につくロードサービスは、会費は無料。
サービスの対象は契約車両のみとなり、
他の人の車を運転していれば対象外になる。

JAFの場合は、年会費が4,000円/年支払わなければならないが、
会員であれば他の人の車を運転していても
ロードサービスを受けることができる。
JAFのサービスは会員を対象としているため、
自分の車以外に、友人の車、会社の車や
レンタカーなどでもサービスを受けることができる。
さらには、運転をしていなくても
同乗しているだけでも使えます。

さらにはJAFの会員は、
レジャー施設やホテルなど割引も受けられる。
旅が好きな人であればJAFはおすすめだ。
その他健康サービスもあり、相談にものってもらえる。
長年にわたり会員であれば豪華な食事も抽選で当たったりと
うれしいサービスもある。




ロードサービス、という点においては、
JAFの方は、年間利用回数が無制限だが
保険会社の方は、会社にもよるが回数が定められていて
ガス欠は1回のみ、というところもある。

雪道やぬかるみにはまり抜けられない、という時にも
JAFは対応してくれるので、
雪が多く降る地域ではJAFの会員になっておけば便利かも知れない。

JAFの会員になり、さらに加入した保険会社が
JAFと提携する会社であれば、通常の会員サービスの他に
プラスαの優遇サービスが受けられる。




保険のロードサービスがあれば
JAFに入らなくてもいいかも知れない。
しかし、サービスの内容が異なる。
自分がロードサービスにどれだけのものを求めるのか
よく考えて、ライフスタイルに合ったものを選ぼう。




posted by スカーレット at 06:00| Comment(0) | 車の保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

車いすのマークは「障害者マーク」ではなかった


この、車いすに乗っている人のマーク。
駐車場や、トイレなどでよく見かける。

isu.JPG


このマークの本当の名前は「国際シンボルマーク」で、
世界共通に使われている。
そして、このマークの意味は、「障害のある人が利用できる建物、
施設であることを表示している」のだという。


私たちはこれをつい、車いすマークと呼んでしまう。

「国際シンボルマーク」は、1969年に
国際リハビリテーション協会によって制定されたもので
障害をもつ人々が住みやすいまちづくりを推進することを目的として
選ばれたマークなのである。

国際リハビリテーション協会は1922年に設立された国際組織で、
事務局はニューヨークにある。
93カ国の700以上の団体から構成される大規模なものである。
国際シンボルマークを世界に普及させ、
障害者が利用しやすい社会実現を目指す。



その意図が分かれば
「障害をもつ人々が利用できる建築物や
施設であることを示す世界共通のマーク」という意味が
理解しやすい。

マークは、「車椅子に乗った人」、に見えるので
障害者または、体が不自由な人であろう、ということが分かる。



ともあれ、このマークのついた駐車場に
健常者が車を止めるのはやめよう。






posted by スカーレット at 08:00| Comment(0) | 車の雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

渋滞回避、うまくするには…

ゴールデンウィークにつきもの、と言えば
「渋滞」。

これが嫌だから、と言って遠出を控える、という人も
いるだろう。
しかし、まとまった休みがとれる、となれば
やはりゴールデンウィークに行くしかない…。


郊外へ出かけようとすると、渋滞する場所はだいたい毎年決まっている。
都心を脱出するには、やはり早朝に出発し、
渋滞の場所を早めに通過すればかなり楽だ。

渋滞はなぜ起きるのか。

人のとる行動はだいたい同じ時間だ。
多少のずれはあるが、出かけやすいのは8時〜10時くらいだろう。
その時間に外にでる人が増えれば、
道路も車の数が多くなり、それで自然に渋滞となっていく。

外出するには、日本道路交通センターで
ゴールデンウィークの渋滞予測情報を調べることができるので
参考にしよう。

出発日をクリックすると、道路名、渋滞の場所、渋滞の時間帯予測などが
表で見れる。
さらに詳しく知りたければ地域図を表示させれば
より細かな道路情報が分かる。

日本道路交通センター 
渋滞予測HP

http://www.jartic.or.jp/guide/yosoku/index1.php

スマホを持っていれば、渋滞情報アプリで
調べることもできる。

高速道路が渋滞だからといって、一般道を走ろうと高速を下りると
下もいっぱいだったなんて、こともある。

あくまでも「情報」だから、多少のずれなどもあるが
うまく利用することが大事だ。

小さな子供を乗せていれば、
渋滞していても、高速道路にはサービスエリアやパーキングエリアがあり、
高速の方が便利だ、ということもある。



さて、観光地で遊んだあとは、帰宅しなければならない。



待っているのは渋滞。



帰る時も人の行動は、だいたい同じ時間になるからだ。
高速道路に入る前から長蛇の列。
いったい、いつ高速に乗れるのか…

そういうとき、事前に現地の道路のう回路を調べておけば
少しでも早く帰れる。
また、ガソリンスタンドで地元の人に
抜け道を聞く、という手もある。


渋滞に巻き込まれないようにするには
少し惜しい気がするが、早めに観光地を出ることだ。
少しの差で渋滞から免れる。

どっぷり遊んで、ゆっくり帰ろうと思っている人は、
渋滞に巻き込まれるのは必須。
それも旅の楽しみかも知れないが、やっぱり渋滞すれば
運転する者はしんどい。
他の人は寝れるが……。

私の若い時の経験から言えば、早く出発して、人より少し早く帰る、
というのが渋滞に一番巻き込まれなかった。
もうちょっと楽しんでから…が一番最悪だった。
観光地の駐車場を出るところから渋滞して大変だった。



事前に下調べをよくしていくのが大事かな、と思う。
安全運転でゴールデンウィークを楽しんでほしい。

posted by スカーレット at 08:00| Comment(0) | 車の雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする