2017年03月29日

車にこっそり発信器GPSでホシの行動丸見え…


捜査対象者の車などにGPS(全地球測位システム)を付けて
居場所を把握する捜査が秘密裏に行われている。

当然こんな便利な機能を使わないという方が
おかしいというか…使って普通でしょ。

しかし、GPSを警視庁が捜査に用いても、
裁判など公での情報公開は禁止されているらしい。


そうそう、移動が丸見えといえば車に付けているカーナビ。
あれも同じ。

分からない土地に行くには目的地を機械に入力すると
自動的に道案内してくれる便利なシステムだ。

まあ、これもGPS衛星からの位置情報が基本だから、
もし何か事件があれば、これを調べれば個人の行動はすべて調べられる。
そんなこと言ってたら、携帯電話についているGPSも…
と、きりがないのだが…。


ビッグデーター

以前、テレビで大地震が起こった際、個人がどのような行動をとったのか、
家から車でどこへ行ったのか、
幹線道路が渋滞時にはその人がどの道に向かったのか、などの情報が
まとめられて放送していた。
地図に、家から出発したところから、線でその人のとった行動がなぞられていく…
自分の知らないうちにこんなことも調べられているのだと
その時は驚愕したが…。

情報をとられた人の名前は公開はされないが、
その人の1日の動き、1週間の動き、大きくは1年間の動きも長期間にわたり
統計的に出すこともできる。

私たちが身近に利用している携帯電話のナビやカーナビのGPSは、とても便利で
今や生活に欠かせないものになっている。
そして研究者にとってビッグデーターをとるにはとても便利なシロモノだが、
行動が把握(誰に?)されているということは
少し嫌で不気味な気もする。






posted by スカーレット at 00:00| Comment(0) | 車の無駄知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

米で盗難にあいやすい車は…やっぱり!

日本で盗難にあいやすい車種は
海外に売れやすく、転売しやすい車だと聞く。
しかも盗難品とわからないよう車を解体して船で海外に送り、
また現地で組み立てなおすのだ。

さて、アメリカの事情はどうか?
アメリカで盗難にあいやすい2015年モデルの新車はランキングはこうだ。


1位 日産「アルティマ」
2位 クライスラー「200」
3位 トヨタ「カムリ」


アメリカの中古車を盗む理由は
解体して部品として売るそうだ。
新車ならばそのまま売る。

全米保険犯罪局が毎年発表する報告書によれば、中型セダンタイプが多いという。
やはり一般向けで需要が多い車種で売買しやすいようだ。


さて、1年以上前のモデルの中古車のうち、昨年最も多く被害に遭ったのは
1996年モデルのホンダ「アコード」で、盗難の報告件数は5万2,244台だったそうだ。


生産、販売、盗難数でも日本車は人気だな〜 ヾ(@°▽°@)ノあはは !??



盗難されるというのは人気だという証拠だが、
そんなことで喜んでいてはいけない。

大事な愛車を盗難から守るため盗難警報装置・盗難防止装置を
二重、三重につけておこう。

posted by スカーレット at 08:00| Comment(0) | 車の無駄知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

米長期保有、モデルのトップ10は全てが日本車という快挙


日本の技術力

中古車情報サイトのアイシーカーズ・ドットコムが
1981〜2006年モデルを対象に行った調査の結果、
米国で販売された新車を10年以上にわたって保有していた人の割合で
最も高かったのが、トヨタの中型SUV「ハイランダー・ハイブリッド」だった。

また、長期保有されていたモデルのトップ10は、全てが日本車で、
トヨタとホンダ、スバルの3社が独占。
トップ10に入った米国メーカーは唯一、GMCのみ、という。



さらに2015年のアメリカにおける乗用車車名別販売台数ランキングも
日本の車がトップ5に入り。

1位 トヨタ カムリ
2位 トヨタ カローラ
3位 ホンダ アコード
4位 ホンダ シビック
5位 日産 アルティマ



日本の車が絶好調だから、トランプ氏が日本にケチつけてくるのだろうが、
しかし、すばらしい成績である。
どうしてアメリカで日本車が人気なのか。


その理由は品質がいいのは言うまでもなく、
コストパフォーマンスが良い、というのも好まれる理由の一つだ。

特に日本の技術力は高く燃費の良さはピカイチだ。

アメリカで長期保有されていた割合が最も高かったのが、
トヨタの中型「ハイランダー・ハイブリッド」がそれを物語っている。
燃費もよく、10年使っても壊れない耐久性のよさ。
人々はそういった製品をこよなく愛する。
それが日本車なのだ。

そして、日本のメーカーはアメリカにはないアフターケアを充実させ、
故障などの対応にも迅速に対応してきた。
そんな細かな配慮に日本の車はアメリカの人たちからの信頼を得たのだ。



トヨタ カムリの部品はアメリカ国産

「アメリカ国産指数」というものがある。
これは米国産のパーツ使用率、生産場所、販売台数の3要素で決定される。
アメリカで生産され、かつ販売台数も大きい自動車、
それに当たるのが、人気NO.1のトヨタ カムリである。

現在アメリカで、最低でも75%の国産パーツを使用する「国産車」と呼ばれる
車はわずかに7種類のみだ。
たいていはメキシコ産などで造られるパーツで組み立てられる。

アメリカの国産パーツ使用率が落ち込んだのは、
自動車産業のグローバル化が進んだためだ。
ゆえに、フォードのベストセラーであるピックアップトラックですら
「国産車」の部類には入らなくなってしまっている。

これがトランプの懸念材料になっているのだが、

1位に輝いたカムリは、アメリカはケンタッキー州ジョージタウンにある
従業員7,500名のトヨタ工場で製造されている。
きちんとアメリカに工場があり、アメリカで従業員を雇っているのに
どうしてトランプ氏は目の敵にするのだろうか。

理解できない。





posted by スカーレット at 07:00| Comment(0) | 車の無駄知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする